« 西村眞悟 | トップページ | 大阪府知事選挙 杉浦清一候補と高橋正明候補のインタビュー映像(ちょっとだけ) »

2008年1月14日 (月)

大阪府知事選挙 第4の候補者 杉浦清一氏は自民党員。

大阪府知事選、府政の指揮官目指して保護司が立候補(必読)

http://www.news.janjan.jp/election/0801/0801128778/1.php

医療法人静風会・杉浦福町診療所(大阪市西淀川区福町2-8-7)

http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGIC,GGIC:2006-50,GGIC:ja&q=%E6%9D%89%E6%B5%A6%E7%A6%8F%E7%94%BA%E8%A8%BA%E7%99%82%E6%89%80&um=1&sa=N&tab=wl

によると、

 大阪府知事選に立候補した杉浦清一氏(59)は大阪市西淀川区の地域診療所「医療法人静風会・杉浦福町診療所」の理事を務める一方、保護司として犯罪や非行を起こした人の更生活動にも携わる。横山ノック元大阪府知事の再選を阻止しようと1999年の府知事選への出馬を計画したが、断念した経緯がある。剣道7段で剣道道場の館長でもある。

主な主張としては
(1)青少年の健全なる精神と身体を育成するため各地域に練成施設を建設する
(2)府民の安全を守るため、警察の治安維持・防犯・捜査等の各技術の向上、防災と救助・救命技術の向上をはかるとともに、各々にそのための必要人員を確保する
(3)トラック、タクシードライバーや看護師・ヘルパー、建設作業員等々、現場で汗を流している人々には、働き甲斐のある環境と安らぎを感じるような環境作りをする

(中略)

 今回知事選が政党同士の戦いの様相を示していることには強い不満を持っている。「地方行政の首長といったら公務員じゃないですか。公務員は不偏不党でないといけないと思います。私は自民党員ですが、もう自民とか民主とか共産とか言っている場合ではないですよ。超党派で臨まないと日本も地方ももたないのではないでしょうか」。

 「府知事は1期4年だけ」と決めている。府庁職員や府民と一緒になって府政にあたる。そして任期内に若くて有能な後継者を育てるべきとする。ゆくゆくは世界平和や地球環境保全のために国連の仕事に携わってみたいという。10年前は打倒ノックを掲げて政治活動をしたが、今回は新人同士の戦いに一枚加わる。政見放送の収録はすんなり終えた。ここ一番の度胸は剣道で培ったようだ。

とある。

杉浦さんは自民党員だ。剣道7段で道場の館長との事。大歓迎。金あるから出てみましたなんて感じではないようだ。出馬してくれてありがとうございます。

|

« 西村眞悟 | トップページ | 大阪府知事選挙 杉浦清一候補と高橋正明候補のインタビュー映像(ちょっとだけ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府知事選挙 第4の候補者 杉浦清一氏は自民党員。:

« 西村眞悟 | トップページ | 大阪府知事選挙 杉浦清一候補と高橋正明候補のインタビュー映像(ちょっとだけ) »